Category
Tags

【プレスリリース】

スタートアップテクノロジーが、スタートアップの開発からビジネス構築までを支援するインキュベーション事業を8月3日より開始
〜第一弾として株式会社KEY STATIONと資本業務提携〜

Ruby on Rails専門のWebサービス開発会社である株式会社スタートアップテクノロジー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:菊本 久寿、以下 スタートアップテクノロジー)は、2017年8月3日よりOnline to Offlineの分野、リアルビジネスの課題をITで解決していくサービス及び企業へのサポートを目的としたインキュベーション事業を開始いたします。第一弾として株式会社KEY STATION(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:大貫 功二、以下 KEY STATION)との資本業務提携を本日付けで締結いたしました。

スタートアップテクノロジーの強みは、スタートアップ出身の経営者およびエンジニアが在籍している、そしてRuby on Rails専門のWebサービス開発会社であるという点です。インキュベーション事業ではこの強みを最大限に生かし、開発支援だけでなくビジネス構築のアドバイスまでをサポートしていく予定です。ビジネスまでを一緒に考えることで、スタートアップ企業の事業拡大の加速に貢献できると考えております。

インキュベーション事業の第一弾として、自動の鍵受け渡しシステムとそれに付随した不動産運営事業を行うKEY STATIONとの資本業務提携を、2017年8月3日付けで行いました。今後も、シード期のスタートアップ企業との資本業務提携を積極的に検討してまいります。

Online to Offline分野のインキュベーション事業への思い

古くからの商慣習が残り現場でアナログな運用がされているビジネスは、未だ多く残っております。また、その分野を変えていこうとOnline to Offlineのアイデアをもつ起業家が存在するものの、技術者とのマッチングで苦戦を強いられる場面も見受けられます。

彼らに開発力を提供することができれば、より多くのOnline to Offlineのアイデアが実現し、世界は変わっていくのではないか?

そんな思いからインキュベーション事業は立ち上がりました。
受託開発会社として様々な企業のサービスを経験しているスタートアップテクノロジーだからこそ、スタートアップ出身の社員が多いスタートアップテクノロジーだからこそできることがあると考えております。
またインキュベーション事業は、『起業家に機会を。エンジニアに自由を。』という企業ミッションを実現するための1歩としても大きな意味を持っています。

KEY STATIONとの資本業務提携について

株式会社KEY STATIONは、「関わる人々の幸せのインフラに」をミッションに、公共の場所で24時間無人で鍵の受け渡しができるシステム『KEY STATION』のサービス企画開発・運営、及びKEY STATIONモデルを利用した不動産運営事業を行っています。

今までは、スタートアップテクノロジー代表取締役・菊本が個人としてCTOに就いておりましたが、KEY STATIONの事業拡大をより加速していくために、個人ではなく企業間での資本業務提携を結ぶことになりました。それにともない、菊本が保有していた株式をスタートアップテクノロジーへ譲渡しいたします。CTOは引き続き菊本が務めさせていただきます。

KEY STATION代表取締役CEO・大貫功二よりコメント
スタートアップテクノロジーとの資本提携により、同社全体のリソースを活かした開発及びサポート体制が整い、今後の更なる事業の加速、サービスの充実が期待できるものと確信しています。
スタートアップテクノロジー代表取締役・菊本久寿よりコメント
KEY STATIONに対しては、鍵の管理システムの開発およびビジネス支援を行っていきます。このビジネスは2018年から施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)などでの応用も期待できるため、KEY STATION事業を伸ばしていくことが会社の成長にもつながると考えております。
KEY STATION会社概要
商号:株式会社KEY STATION
代表者:代表取締役CEO 大貫 功二
所在地:東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ2F SHARED OFFICE内
設立:2015年4月21日
事業内容:KEY STATION事業、不動産運営事業​
URL:https://www.key-stations.jp/

本件に関するお問い合わせ先

本件に関してのお問い合わせ、取材申し込み等は、スタートアップテクノロジー広報までご連絡ください。