システムではなく、プロダクト開発のプロフェッショナル

システム開発の枠にとどまらず、過去様々なスタートアップのプロダクトを立ち上げてきた経験を元に、様々な視点からプロダクト作りを支援しています。

かつての開発フローでは、要件定義を行い、設計、実装と非常に時間とコストがかかるものでした。またローンチされる頃には市況も変わってしまい、サービス自体が手遅れになることも多々ありました。

スタートアップテクノロジーのプロダクト開発は月額制のアジャイル型で行うことにより、最短でスピーディにMVP(Minimum viable product)をローンチすることが可能です。また、その後もプロダクトの動向を見ながら柔軟に素早く欲しい機能や施策をイテレーション型で追加していくことが出来ます。

多種多様なプロフェッショナルが柔軟にスイッチ

通常1人月と言えばバイネームの1人が対応する形ですが、その形だと対応する個人のスキルに依存してしまう為、出来ることの幅が狭まってしまいます。スタートアップテクノロジーがSESではなく月額制を取っている理由には様々な技術のプロフェッショナルが1人月の中で柔軟にスイッチすることで、同じ1人月でも多種多様な技術に対応出来るようにする為となっています。

※ PMの役割としてメイン担当者は設定させていただきます。



プロダクトに関わる全てのサポート

最初にいただく開発のご相談として「ビジネスは決まっているがプロダクトの形がまだ見えていない」、「初期のマーケティングをどのようにすればよいか分からない」など様々なご相談をいただくことがあります。スタートアップテクノロジーでは多様なプロダクト開発の知見からビジネスの壁打ち、初期マーケティングなどプロダクトに関わることであれば開発以外の部分にもご相談に乗らせていただきます。

アプリ開発やインフラはもちろん、オススメのツールや採用、開発組織作りまでクライアント様がやりたいことを最短かつコストを抑えた方法でご提案させていただきます。




クライアントインタビュー
株式会社Eco-Pork様
データサイエンスプロフェッショナルズ株式会社様

ご不明な点や開発でお困りの際は、お気軽にお問い合わせください。