Tags

スタートアップテクノロジーという社名から、うちの会社がスタートアップだと思う方がたまにいらっしゃいます。ハッキリとお伝えしておきますが、スタートアップテクノロジーはスタートアップではありません。
大事なことなのでもう一度書きます。

スタートアップテクノロジーはスタートアップではありません。

僕も最初はスタートアップがやりたかった

ー社名がスタートアップですけど、菊本さんはもしかして最初はスタートアップがやりたかったのでしょうか?

菊本:そう、やりかったんです。一時期、スタートアップのブームみたいなのあったじゃないですか。メディアでもいろんなスタートアップが取り上げられていた時期。あのときに、スタートアップ自体がかっこいいなって思って(笑)ミーハーな憧れですね。

ー実際にスタテクは中小企業ですが、なぜ方向転換を?

菊本:いろいろVCを回って資金調達の話もあったのですが、諸先輩方から「お前らは調達をしない方がいい」とアドバイスをされたんです。みなさんスタートアップの経営者で成功している人たちですが、口を揃えてそう言う。会社として収益もあがっていたから、最終的にはムリして調達しないという選択肢を選びました。

佐藤:スタートアップの人たちからすると意識が低いと思われるかもしれないけど、「今のままどうやったら利益率をあげれるか」とか「どうやったら自分のお客様をもっと幸せにできるか」を考えている方が、僕は幸せだなって思います。今のメンバーと10年後も一緒に仕事したい、10年後もこの会社を存続させてたいという価値観ですね。

菊本:少しだけ僕の体験を話しておくと、上場前後を体験したこともあって。上場する前はみんなで上場を目標に頑張っていたんだけど、いざ上場してみたら社内の雰囲気がギスギスしたり、元いたメンバーが去っていったり……「上場って本当に幸せだったのかな?」って思ったんですよね。
こういう僕自身の体験や諸先輩方のアドバイスがあって、結局僕たちは中小企業になっています。おかげで利益がでれば頑張った社員に還元できるし、僕の中では一番しっくりきている。

自分たちは戦いの場からはおりたけど、スタートアップは好き

ースタートアップ企業の案件は多いですよね。何か理由があるのですか?

菊本:スタテクとして違う道を選んだけど、スタートアップの世界観は嫌いじゃないんです。もともと自分もそこで仕事をしてきているし、彼らの上場を目指す気持ちとかもすごくわかる。だから本当にスタートアップを応援したいと思っています。

佐藤:なんとしても上場するっていうスタートアップもあるわけじゃないですか。僕たちは、そいうスタートアップに適切な武器を与えることはできる。僕らが出来なかった世界観を実現してくれる人たちのことは、本当に応援したいですよね。

菊本:スタテクはスタートアップ経験者が多いので、僕たちのナレッジはそこら辺が強みだし、スタートアップのスピード感もだせますしね。スタテクは『スタートアップよりスタートアップっぽい開発ができる会社』なので(笑)

佐藤:開発には自信ありますから!最後の最後まで僕らとお付き合いしていただいたまま、IPOのできる案件とかが出てきたら、本当に嬉しいですよね。

菊本:そうですね。それじゃなかったら、僕もスタートアップの技術顧問とかCTOとかたくさん引き受けないです。

スタートアップに武器を与える中小企業って、かっこよくないですか?

さすが、スタートアップを経験しているお二人らしい話ですね。なぜスタテクが中小企業の道を選んだのか、おわかりいただけましたか?スタートアップに戦う武器を与える中小企業、ちょっとかっこいいなって思っていただけると嬉しいです。