スタテクには様々なバックグラウンドを持ったメンバーが在籍しています。
今回ご紹介するのは、開発部 片山 強さん。
ハードウェア開発者を経て以前より興味のあったソフトウェア開発者に転身し、数多くの開発に関わってきました。現在は京都府よりフルリモートにて参画中です。

 

名前:片山強さん
2022年入社。スタートアップスタジオ事業本部開発部所属。
スカウトメールをきっかけに、スタテクの準委任開発とアジャイル開発の両面に惹かれ2022年にジョイン
現在は既存のクライアントと直接やり取りを行い、経験を生かしたシステムの保守開発を行っている。

ハードウェア開発からソフトウェア開発へ

-経歴を教えてください。
片山:実は元々機械技術者としてハードウェアを設計していました。そちらを高専卒業後から12年続けた後、以前より興味のあったソフトウェア技術者に転身しました。主に制御監視システムですとか、解析システム、ECサイトやAI、IoTなど様々な業種の開発に携わってきたという感じですね。

 

-ハードウェア開発からソフトウェア技術者に転身したきっかけなどはありますか。
片山:元々ソフトウェア開発に興味があったということが大きいです。最終学歴は高等専門学校卒業なのですが、そちらの卒業研究でロボット研究を行いました。当時の研究は機械学よりの設計や製作部分だったのですが、その過程で制御システムなどのソフトウェアに興味が出てきたんです。ロボットの制御関連などの授業も多く取っていたのですが、その当時は情報工学というのが一般的に認知されていなかったので、就職先として選択肢に入らなかったという理由もあります。

 

-どのようなきっかけでスタテクへの転職を決めたのでしょうか。
片山:スカウトメールをいただいて、調べていくうちに興味を持ちました。今まで様々な企業や現場で開発を行ってきましたが、スタテクのような準委任開発とアジャイル開発両方の側面で、一般的にゴールのある開発だと、クライアントの要望をその開発案件一つで叶えることが難しい場合も多く、新しい開発を行うために新たな契約が必要になったりとどうしても時間がかかってしまう部分が大きくなってしまいます。
以前の業務でも経験があったのですが、要件が決まっていない状態ではクライアントの要望に十分応えることができないというもどかしさもありました。スタテクでの準委任開発とアジャイル開発は、その部分で感じていたもどかしさを解消できると感じ転職を決めました。

 

-そうだったんですね。入社してみていかがですか。
片山:現在は既存のクライアントワークにジョインし、クライアント先も含めた5人のチーム体制で業務を行っています。コミュニケーション部分はSlackで、タスク管理の部分はBacklogでやり取りを行っていて、そちらでのやりとりや定期的な1on1で分からない部分もすぐに聞けるので助かっています。毎朝の朝礼も行っているので、その部分でも疑問の解消も出来ますし、働きやすくいい会社だなと感じています。
現場のエンジニア陣は若い方が多いということもあり、滞りなく活発で楽しく仕事をしている印象がありますが、代表の菊本さんは物静かで思慮深くリーダーシップを発揮されていて、バランスが良いなと感じますね。また、10月に行われた周年記念パーティーでデザイン部の方とお話する機会があったのですが、自分でフォントを作られていたりと精力的な取り組みをされていて、良い刺激を受けることが出来ました。

 

経験を次の世代に。伝える大切さを実感

-今までRailsでの開発経験はあるのでしょうか。
片山:Railsの使用経験はあるのですが、Railsのみというのは初めてですね。ただ今までフレームワークを使用した開発経験を積んできたので、そちらがかなり活かせていると感じます。フレームワークという仕組みは変わっていないので、そちらの知識がある方はスムーズに業務に従事できるのではないでしょうか。また、オブジェクト指向を持っていると、あまり違和感なく業務に入っていけると思います。他にはデータベースや一般的なネットワークの知識などがあればスタテクで働きやすいかなと感じますね。

 

-スタテクで働きやすい方、というお話が出たのですが、片山さんと同年代の方がスタテクで発揮できる部分などありますか?
片山:まずは、自分が今まで積み重ねてきた経験を活かせるというところがあります。私自身もそうですが、例えばフレームワークの知識を活かしてスムーズに業務にジョインできるなど、経験を積んでいるからこそ新しい開発現場で滞りなく業務を進められるのではないかと思います。
もう一つは私達の年代が培ってきた経験を次世代に伝えるというやりがいがあるのではないかという部分ですね。スタテクはかなり活気のある会社で、若手の方とのやりとりも活発に行える環境です。そういう中で自分の知識や経験を次世代に伝えていくというのは大きなやりがいになると感じています。両方の側面において、違う開発現場で培ってきた経験を発揮して、新たな知見を伝えることができると思いますね。

 

-スタテクでこれからやりたいことなどはありますか?
片山;面接のときにもお話をしていたのですが、AI関係の開発を行ってみたいというのが一つです。AIを活用したDXの推進ができればと思っています。一世代前までは学術的な側面も大きかったのですが、現在は私達エンジニアが開発として行うことができる分野になりつつあると感じています。今が一番開発が面白い時期ではないでしょうか。元々は制御関係という部分でロボットの研究を行っていましので、そういう意味でもこの分野でも開発ができればと思っています。
もう一つは教育関係に携わっていきたいですね。スタテクはRUNTEQという教育関係の事業も行っているので、そちらの講師もできればしてみたいと思っています。先程やりがいといった側面でもお話しましたが、若い世代に伝えるというのは自分自身でも学び直しややりがいに繋がります。また、私が経験してきた企業などのソフトウェア以外の開発、例えば家電などのものづくりの開発現場をお伝えすることは、若い世代の次のキャリアに活かせる部分があると思います。

 

週末はバイクでリフレッシュ。

-お話を聞いていると、常に学ぶ姿勢が必要だなと感じますね。
片山:そうですね。新しい言語などは仕事上で必要に迫られて学び始めるということが多いのですが、日々新しい分野に向き合うので勉強は必要になると思います。AIなど新しい分野に取り組みたいということだと、忘れてしまうということもあるので学び直しという部分もありますね。毎日続けているという事実がモチベーションの維持につながるので、私は目標を決めるよりも継続できているという部分でモチベーションの維持をしています。

 

-モチベーションの維持方法は参考になりますね。リフレッシュ法などはありますか?
片山:割と多趣味で色々なものに興味を持ってやっていますが、特にバイクに乗ることが好きですね。現在京都府に住んでいるのですが、京都は関西の中心にあることもあり、北に行けば日本海、南に行けば太平洋など東西南北どこに行ってもいろいろな景色が楽しめます。そのせいで逆に府内をあまり走っていないというのはありますが…(笑)琵琶湖も近いので最近はやっているコーヒーツーリングなども楽しめたらと思っています。
他には、最近ドローンも始めました。まだ本格的には出来ていないのですが、家の中で飛ばしたりと練習をしています。バイクと合わせて撮影などができればいいなと考えています。

-ドローン!いいですね。広報でお願いするかもしれません。
これからさまざまな知見と経験でスタテクに新しい風を吹き込んでいただけたらと思います。片山さんありがとうございました