スタテクには様々なバックグラウンドを持ったメンバーがいます。
今回ご紹介するのは井上雄介さん。
フリーランスのエンジニアを経験後、スタテクへジョイン。
学生時代からものづくりが好きだったという井上さんが、Webエンジニアを目指した経緯もじっくり伺いました!
※今回は初のオンラインインタビューです!

名前:井上 雄介さん
2019年入社
開発部所属。
福岡でフリーランスエンジニアとして活動しその後上京。常にフルリモートの環境に物足りなさを感じ2019年にスタテクへジョイン。現在は1つのプロジェクトに携わっている。

フルリモートの働き方に憧れてフリーランス になったけれど…。

−入社前は何をされていましたか?

井上:まず大学卒業後、1年ちょっと会社員としてエンジニアをやっていました。
途中で経営方針が変わって、エンジニアというよりカスタマーサービスのような仕事が増えて、プログラムを書くこと自体が少なくなってしまったんです。
このままだとエンジニアとして致命的だなと思って、転職することにしました。
その時はフルリモートのフリーランスがすごく魅力的に感じていたので、そのままフリーランスに転身したんです。
でも実際なってみるといろいろ思うところがあって…。
それで会社員になろうかなと思って、スタテクに入りました。

−フリーランス時代に福岡から上京されていますよね。きっかけは何かあるんですか?

井上:仕事を依頼してくださっていた方がもともと東京に住んでいました。
東京に行けば普段から対面できるし、他にもお仕事もらえるんじゃないかなという気持ちもあって上京しましたね。
実際東京にきていろんなお仕事もらっていました。

−フリーランスからスタテクへ入社したのは?

井上:2019年9月入社なので半年ちょっと経ちましたね。
フルリモートを実際にやってみると、結果的に私にはあまり合わなかったんですよ。
クライアントや一緒に働くメンバーとのコミュニケーションコストが高くなってしまうことや、人と実際に会わないと孤独を感じて寂しいというのもありました。
あとはフリーランスでやっていた仕事がサーバーサイドだったんですけど、私以外にいなかった。
私がプログラミングをしてインフラやフロント、コーディングは別の方がやっていました。
当然サーバーサイドの話をできる人がいなかったし、情報共有もできず、新しい情報を全部自分でキャッチアップしなきゃいけなかったんですよね。
自分がどのくらいできるのか、どういうところが分かっていないのかとか、客観的に見た自分の立ち位置が読み解き辛い環境でした。
もっといろんな人たちに会って、切磋琢磨できる環境にいきたくて社員になろうと思いました。

ものづくり好きがプログラミングに出会うまで。

−エンジニアになろうと思ったのはなぜですか?

井上:もともとものづくりが好きだったんです。
高校時代から電子工作とかがすごい好きで、いろいろな物を修理できる人になりたいなって思って、大学の電気工学科に入りました。
修理工というか電化製品を扱う仕事をできるかなって思って入ったんですが、講義はずっと座学ばっかりで…。
それがどういう風にものづくりに生かせるのか理解できないんですよ。
例えばいろいろ抵抗やパーツをつけて、最終的に10Vの電力を出力できるようになりますっていうのは理解できるんですけど、でもその10Vの電圧を使ったら何ができるの?って言われると、もう何もわからない…。
もっといろいろいじらせてくれ!と思っていて、そういう意味で大学生活自体にはりが出なかったですね。
何をすれば自分が幸せに生きられるだろうって考えるようになりました。

そんな時に大学の講義でプログラミングをやっていたんです。
C言語から始まって、アセンブリ言語でも書いたりして。
プログラミングって自分が書いたプログラムがすぐ動くから、ものづくりをしているっていう実感が湧きやすかった。
面白くなっていって、プログラミング系の研究室に入り、この道を進んでみようかなと思いました。

−現在の業務を教えてください。

井上:1つのプロジェクトに配属されています。入社してからずっと同じ案件です。
プロジェクトマネージャーがクライアント側にいらっしゃって、その方とミーティングを進めています。
こちらは基本的にはサーバーサイドのプログラミングを行っていて、社内のデザイナーさんとすり合わせながら進めていますね。
開発部からは加藤さん、私ともう一人アサインされているので、コードレビューも互いにやっています。

−やってみたいプロジェクトはありますか?

井上:私の担当プロジェクトではjQueryっていうライブラリを使っているんですけど、スタテクではjQueryの代わりにVue.jsを使った案件が多いんです。
今後もVue.jsでの対応が増えて来るんだろうなって思っているので、やってみたいですね。
そのため、というわけではないんですが知識・技術として習得したいので、Vue.jsで書いた個人ブログを公開しています。
最近0から作り始めたのでまだ情報量多くないし、練度も低いので公には言ってないんですけど(笑)
もうちょっと難しい部分を組み込んでいって、業務に近づけるようにしたいなとは思います。

日々レベルアップするメンバーから受ける刺激

-スタテクに入社してみてどうですか?

井上:最初にお話させてもらった通り、あまりリモートが好きではなかったのですが、都合に合わせてある程度フレキシブルに動けるようにしたいなというところがありました。
スタテクはその良さが今まさに発揮されているなって感じがしています。
世の中が新型コロナウィルスの関係でほとんどの会社がテレワークに移行しはじめていますが、それに対して早めに行動できていたと感じます。
早い段階で、じゃあリモート勤務中心にしましょう!と行動できていたので、そういう意味でも自分の理想の会社に入れたなって思っています。

-加藤チームに属していますよね。チームの雰囲気はどうですか?

井上:メンバーが結構増えてきまして…笑
今は若手からベテランまで9人のチームになりました。
チームミーティングではそれぞれが最近こういう実装をしたよ、この実装は難しかったよ、ここでつまずいたよと共有するんです。
それを聞いているとみんな難易度高いことしてるなって感じることがあって。
チームで限った話ではないんですが、例えば支払い処理実装の公開ペアプロ(ペア・プログラミング)をしたりして、難しい問題や解決策などを話してくれます。
そういうのを聞くと、自分もこれくらいしなければいけないんだっていう危機感があったりして、それがすごくいいですね。

私自身はエンジニア歴5年目に入りますが、チームではちょうど中間くらいですかね。
ただ、今まで一人でやってきたことに比べるとスタテクでやってることはレベルが高いので、そういう意味では今年1年目くらいの気持ちでやってます。

-いやいや、井上さん頼りになるって現場から聞いてますよ!
では他のスタテクメンバーはどうですか?

井上:社内全体でも定期的に勉強会が開催されていていいですね。
カジュアルな向上心があるというか。
頑張ってますって雰囲気をひけらかす感じではないんですけど、それぞれが日々レベルアップしている。
この人達いつ勉強してるんだ?って思うくらいに短期間でノウハウを増やしてるんですよね。
実際には、努力だったり集中力や理解力に裏付けされているんでしょうけど、なんにせよすごいなって感じてます。

最近も夜少し遅い時間に仕事していたら、いきなりzoom飲み会が始まって、飲みながらAWSの講義が始まったりして。
ここが難しくてさー、みたいなそういう気軽さがすごくいいなって思いました。

居心地はいいですが、自分の中の危機感、課題感も感じられていて、ストレスなく前に向かって行ける環境ですね。

事業のビジネス理解やスキルを高めていきたい

-スタテクで今後どんなことをやっていきたいですか?

井上:クライアントワークですし、スタートアップスタジオ事業部ってスタートアップや新規事業の開発がメインです。
そこのビジネス理解やスキルは高めていきたいと思います。
あとは、自分が持っている知識とか考え方とかをできるかぎりみんなにも共有していって、他の人のボトムアップにつながればいいなとも思っています。

私自身が課題を洗い出して、それを解決していくっていうのがすごい好きなんですよね。
できていないことを書き出していって、全体的にこれができてないな、じゃあここを重点的にやっていこうという感じに、ゲーム感覚で自分自身の課題をクリアしていくのが好きで。
なので、社内メンバーが何か課題を持っているときにそれをクリアしていくためにはどうしたらいいかというのを一緒に考えたり、助言ができるようになれたらいいなと思います。

-ありがとうございます!
では最後にプライベートを教えてください。

井上:結構いろいろやってみたくて広く浅く手を出してるので、これと言って趣味と呼べるものはないんですが……。
例えば映画、小説、ゲーム、ギターやキーボード、カメラ、バイクとかですね。
あとは旅行。自然が好きなので、国内で渓谷めぐりしたり、海外で登山したりもしていました。

井上:去年はノルウェーに行って、一人で山登りしてきました。
日本から20キロくらいの荷物も持っていったんですよ。
一人だったのでバス乗り間違えたり野宿しかけたりとかいろいろありましたけど楽しかったです。

井上:今は旅行に行けないので…落ち着いたらリフレッシュしに行きたいですね。

-そうですよね、ぜひまた素敵な旅行の写真を見せてください!
井上さん、ありがとうございました!