スタテクには様々なバックグラウンドを持ったメンバーがいます。
今回ご紹介するのは加藤翔子さん。
エンジニアとして活躍する一方、チームを率いるマネージャーとして日々奮闘してくれています。
プライベートでは大のアニメ好き。

名前:加藤 翔子さん
2019年入社
開発部所属。
現在は1つのプロジェクトに携わりながらチームを率いるマネージャーとしてメンバーを牽引。

– スタートアップテクノロジーへ入社したきっかけを教えてください。

加藤:どんな記事か詳しくは忘れちゃったんですけど、社長の菊本さんが昔転職サイトか何かで記事を寄稿していたのを見たんです。
転職考えるよりもっと前、それこそ新卒1年目2年目くらいの時ですね。
そのころは「フリーランスみたいに自由に働けます。」という感じの働き方みたいなところを押し出していた時期だったみたいで、「そんな働き方があるんだー。」「へぇ〜。」って感じで見ていました。

それで、いざ転職しようかなぁって考えた時に、そういえば昔見た記事で面白そうな会社あったなぁって。
ずっと印象は頭の隅っこに残っていたんですよね。それで、応募してみました。

– 実際に入社してみていかがですか? 

加藤:応募した当時がちょうどスタテクの転換期だったんですよね。
それまでなかったマネージャー制などのグレード作りやミッション・ビジョンの変更、出社自由ではなくパフォーマンス上げるために出社しようみたいな雰囲気ができていて。
あ、思ってたよりはちゃんとした会社だったんだ〜ってまずは思いました(笑)
面接の時も、今再編中だからもしもご縁があった場合は、そういった会社作りみたいなところも一緒にやっていってもらうかもしれないという話をもらっていました。
組織を作るという部分でのワクワクみたいなところは前職でも経験があって、よかったなぁって思っていたので、もう一回味わえるんだ!って嬉しく思いましたし、実際今も楽しく感じています。
自分たちがどんなビジョンを持つのか、なんのためにこの仕事をしているのかを考えて意味づけをしたり、私たちの会社はこういったことを社会に届けます、みたいなところを考えることは結構好きですね。

社内の雰囲気もいいですね。
みんな仲が良くて距離感がちょうどいいです。
仲がいいというのも良すぎないし、悪すぎないし、ドライなところはドライだけど、ちゃんとお互い気に掛けるところは気にかけて、距離感はすごい心地いいなぁって思います。

デザインチームとの連携でプロジェクトもスムーズに。

– 現在の業務を教えてください。

加藤:業務としては一つのプロジェクトにアサインされていて、サーバーサイドのプログラミングと、一緒にアサインされている社内の開発メンバーとコードレビューを相互でやったりしてます。
クライアント側にPMの方がいらっしゃるので、その方とスタテク側で2週間に1回打ち合わせをして、先方の要望を聞いたり進め方を決めたりしています。

– デザインチームも一緒にアサインされてますよね?連携はどうですか?

加藤:うちのデザインチーム、本当にすごいんですよ!とにかく助かっています!
このプロジェクトで言うと、新しい機能作りますって言うときにまずは会議をするんです。
見た目的にはこんなイメージだよね、ってホワイトボードに書きながら。
それを一人がデザインに起こしてくれて、さらに別のデザイナーがフロントコーディングをやってくれた状態で開発側に回ってきます。
デザイナーでコーディングもできるっていうと、HTMLとかCSSがかけて、くらいだと思うんですけど、うちのデザイナーさんはJavaScriptもかけるし、rails用のテンプレートエンジンの書き方でコーディングできるんですよ。
サーバーサイドのコードを書いて適応したら、勝手に綺麗な画面の状態でできちゃうっていう。
もう半分エンジニアじゃん!って思っています。
何よりデザイン部が同じ社内にいて、slack投げれたり、直接話しに行ける環境ってすごいありがたいですね。

言葉は脳に影響するから気持ちいい言葉を意識している。

– これまでエンジニアとして大変だったことはありますか?

加藤:エンジニアリング業務でいうとそんなにないかな。
プログラミングを最初にやったのは大学の授業だったんですが、最初の導入とかはふんわりした知識しかなかったので、確かにそこは苦労したんですけど、それってみんながするところなんですよね。
それを乗り越えて、なお楽しいって思える人がエンジニアしてるんじゃないかなって思います。
うちの会社は特にそう思いますね。
私自身もなんとなく授業でC言語のプログラミングをやったらどんどん楽しくなっちゃって、情報系の授業を増やしてゼミにも入り、さらには大学院まで進んでしまいました。
PHPをずっとやってましたね。

それまではただお札を数えたいからって銀行員になろうと思っていたんですけど(笑)
プログラミングにハマってからはすっかりその夢も忘れてしまったくらいです。

– 8月からはマネージャー業務を兼任していますがいかがですか?

加藤:チームメンバーは5人いて、1on1をこまめにやっています。
うちの会社はメンバーグレードの次がスペシャリストかマネージャーのどちらかになる選択をそのうちにしなきゃいけないですよね。
今進みたい方向性や考えを聞いて、そのためには社内のこの人がロールモデルになる、この人にあって自分にないものはこうゆうところだと思うってメンバー自身が話してくれるので、そこ伸ばすためにはどうしたらいいだろうかって一緒に考えたりします。
メンバーのステップアップを一緒に考えることは楽しいですね。

あとうちの会社はプロジェクトとチームが同一メンバーではないので、普段どんな仕事してるとか、今どういう実装で悩んでるみたいな細かいところのキャッチアップがマネージャーとしてしにくいんです。
例えばプロジェクト内では言えないけど、実はこうゆうのがつらみ〜みたいなところを聞けたらいいかなと思って1on1をしています。
本来の1on1とはずれているかもしれませんが、普段なかなか込み入った話はできないので。
懇親会とかもお酒飲んじゃってるし。
マンツーマンで話せる大事な時間ですね。

– ふんわりした雰囲気の加藤チームですが、マネージャーとして心がけていることはありますか?

加藤:私けっこう、褒める!ありがとうもよく言ってます。
それには理由がちゃんとあって。
ネガティブでもポジティブでも、言葉って自分の脳にも相手の脳にも影響があるらしいんですよ。

例えば「そのピアスかわいいですね。」って私が相手に向かって言うと、相手はもちろんですけど、その「かわいい」っていうポジティブな言葉を聞いた私自身の脳も気持ち良くなるんですって。
逆に自分に対してでも卑下してネガティブな言葉を発すると、それを聞いた周りの人の脳みそが気持ち良くないという。
本人に悪気はなくても周りにもそうゆう影響を与えることがあるので、なるべく脳みそに気持ちのいいことを言っていきましょう〜ってメンバーにも話しています。

関わっているみんなに回復魔法をかける白魔道士になりたい

– スタテクでこれからどんなことをやっていきたいですか?

加藤:エンジニアは粛々とやっていきたいですし、マネージャー業もさっきいい言葉を言うようにしているって話をしたんですけど、そんな感じで開発部だけじゃなく、会社全体にバフをかけていくと言うか、回復魔法をかける白魔道士になりたいです(笑)
ホイミとかしたい。
社内ももちろんですし、お客さんに対しても一緒に作ってよかったって思ってもらえるような仕事がしたいですね。

– ありがとうございます!
最後にプライベートを教えてください。お休みの日など何をしていますか?

加藤:土日はアニメを見るか、最近はアニメとか漫画のイベントがあるので、それに行って光る棒振り回してます(笑)

あと今の時期だと来年1月から新しく始まるアニメがいろんなサイトに出ているので、帰りの電車とかでこれ見たいって思ったのを相方にメモで送ったり。

ラブライブ!サンシャイン!!が好きで、アニメの舞台になっている沼津にも行きますね。
私の推してるキャラクターのモチーフが悪魔ちゃんなんですけど、ペンダントを沼津の宝石店で作ってもらったり、名刺入れも革製品のお店で作ってもらいました。

アニメの記憶しかないです…。

– 仕事もアニメライフも楽しんでいる様子が伝わってきて、終始賑やかなインタビューでした。

加藤さん、ありがとうございました!