Category
Tags

こんにちは。2018年2月からスタテクに入社したエンジニアの栗原です。入社したばかりなのに、エンジニアブログを書けと言われたので(笑)、「iTerm2 with PPTP」ということで書きます!

なぜやろうと思ったか

コマンドミスったりした時に……

-bash: テキトーなコマンド: command not found

これでは寂しいと思ったんです。こういうのは多少過激な方が面白いもんだと思うんですよ!そんなわけで、僕がやったことをまとめてみました。

必須環境
  • mac
  • iTerm2
  • imgcat
  • bash 4.x系

下準備

1. command_not_found_handleを使います

command_not_found_handleとは何かを説明する一言を!

2. bashのバージョンを確認しましょう

bash --version
bash --version
 おそらくmacの標準で入っているbashだと3.x.x系だと思います。
 3系だとcommand_not_found_handleはサポートされてないので使えません。

3. bashのバージョンを4系にしましょう

brew install bash
which bashとやると
/usr/local/bin/bashにインストールされていると思います。
このままでは変更されないので、ログインシェルの変更をします。
sudo vi /etc/shells/usr/local/bin/bashを追加してあげます。
追加したら

ターミナルを再起動……

こんな感じになっていればOKです。

4. imgcatの導入

imgcatはここにあがってます。
https://github.com/eddieantonio/imgcat

brew tap eddieantonio/eddieantonio
brew install imgcat

この二つを実行してやればOK

これで下準備は終わりです!さ、実装しましょう!

実装

1. .bashrcに関数を書く

2. bash_profileにフックする

こんな感じで追加してやりましょう。

3. 編集した内容を実行させるためのやつ

source ~/.bash_profile
を実行しましょう。

やってみた感想!

思いつきでやったけども意外と時間かかったんですよね。bash_profileにフックさせるところとか……
あと、qiitaに似たような記事が上がってたので先越された感……

それでいくと、gifの表示やjpgをアスキーアートに変換して表示するやつとか載ってたので今度やってみようかなとも思っています。

エイリアスとか色つけたりって便利なカスタマイズはあるけどこういう無駄なカスタマイズの方が僕は好きです!