こんにちは!管理部白岩です。

2019年10月26日(土)にkiitokさん主催「SIerで働くU30エンジニア向けキャリアフェア」が開催され、開発部部長の西村が登壇しました。
私も人事&広報担当ということで参加してきたので、当日の様子をお伝えしたいと思います。

参加企業はずらり有名企業が多数!

「Web系スタートアップへの転身を検討している」現役U30エンジニアを対象としたキャリアフェアということで、参加者は全員20代!
・スタートアップの実態がよくわからない。
・スタートアップと自分がカルチャー面、スキル面でフィットするかわからない。
・数が多すぎてどこが良いかわからない。

そんな参加者のみなさんへスタテクを含む16社が自社の企業紹介や、パネルディスカッションを通してスタートアップの実態を伝えるイベントでした。

ミクシィさんやLINE Growth Technologyさんをはじめとした有名企業さんの中に混ぜていただき少し緊張…

株式会社プレイドさんが提供してくださった会場はおしゃれ〜草生えてて気持ちいい!


おしゃれなノベルティもたくさんありました。

第一部は採用基準/評価基準について、第二部はスタートアップの開発現場についてのパネルトークでした。

詳細は割愛しますが、印象に残ったので採用基準について少し紹介しますね。

採用で大切にしていることは
・「学ぶ姿勢があること。」
・「不満を口にするだけではなく解決するために自分から動ける人。」
こういった部分はスタテクでも面接でよく見ているのですが、登壇された全企業さんが同じようなことをおっしゃっていました。
エンジニアに限らず!これは私自身も肝に銘じなけれと改めて思いました。

いよいよ西村の登壇です!

スタテクはパネルディスカッション三部の「エンジニア育成を語る」というテーマに登場しました。
まずは各社の企業紹介が各社3分ずつ。
西村が会社紹介として使用した資料はこちらです。


今回の参加者はSIerで働くU30ということで、彼らに理解しやすいものになっています。
名だたる企業さんの中で普通の企業紹介しても埋もれてしまうよね、ということで、ちょっと変化球勝負に出ました!
その結果、参加者限定の内容になっていますので(ごめんなさい)気になる方はぜひ次回のイベントに参加してください!
参加者のみなさんにウケがよく、会場が盛り上がってスタテクの名前も覚えてもらえた様子。

「エンジニア育成ってどうやっていますか?」

パネルトークの登壇者は左から千株式会社の山原さん、スタートアップテクノロジー西村、FiNC高見さん、LINE Growth Technology片野さん、エス・エム・エスたなべさんの5名。

Q.入社直後、立ち上がってもらうためにどのようなことをしていますか?

・インターン向けの研修資料がしっかりあるので、まずは研修を通して育成。
・メンターがついて相談しやすい環境。
・自社サービスを使えないと意味がないので、まずは自社サービスを使うために必要なプロジェクトをやってもらう。サンプルでもプルリクまで経験してもらう。
・経験が少ない人に対してはGithubの使い方から手取り足取り教える。
・1on1を通じて定期的にフィードバックや現状の共有をする。

スタテクは上記に加え、
・クライアントワークが必須なので、プロジェクトに入った段階からクライアントとのミーティングに出席してもらう。
・1on1を通じてフィードバックをし、少しストレッチした目標などを一緒に設定するようにしている。
というお話をしました。

入社時の経験年数などによって対応の違いはあるようですが、各社環境に慣れてもらうような仕組み作りをしているなと感じました。

Q.入社半年〜2年後くらい、もっと成長してもらうためにどのようなことをしていますか?

・入社の段階で本人がやりたいものを持った状態で入ってきているはずなので、それに近いものをやってもらう。
・キャリアチェンジなども可能。希望すれば全くの異種に移動する場合もある。
・チームがいくつかあるので、チーム間異動も頻繁。人によって得意なこと、苦手なことがあり(技術力はあるが進捗管理は苦手、コミュニケーションは得意だが技術力がついてこないetc)、それを補うためや活かすためにチーム異動がある。

スタテクでは、
・半年くらい経つと会社に対しても色々と意見が出てくる。
問題をどう変えればいいのか、解決すればいいのかを引き出して改善する手助けをすることで、エンジニアとしての課題解決力も身に付く。

ということをお話させていただきました。

Q.自社にいるあのエンジニアは成長がすごい!という人、教えてください。

スタテクからは先日RUNTEQブログにも登場した若手エンジニアの紹介をさせていただきました!(ぜひRUNTEQブログも読んでみてくださいね。)

・全くの未経験だったが、とにかく彼は手を動かすのが早い!
・高速で失敗して、また手を動かす、の繰り返しをすることで技術力が伸びていった。
ということをお話しました。

各社が紹介した若手エンジニアに共通していたのは、若手ながらチームの状況など周りを見渡せること、大きな裁量を持たせて、まずはチャレンジすることなどが重要だと感じました。

真剣な様子で聞いている参加者たち。
実際にWeb業界に転職した時の自分をしっかりイメージできたのではないかと思います。

パネルトーク終了後はカジュアル面談&交流会

事前に数名のカジュアル面談が決まっていたので、スタテクでは社長の菊本とマネージャーの加藤が面談ブースでお話させていただきました!

その間、登壇した西村は懇談スペースにてたくさんの参加者のみなさんと交流をすることができました。

イベントに参加することで、まだまだ知られていないスタテクの魅力をたくさんの方に知っていただけたのではないかと思います。
ブログでも発信はしっかりしていきますね!

イベントを主催してくださったkiitokさん、参加者のみなさん、ありがとうございました!
kiitokの野崎さんと最後にパチリ。

興味を持ってくださった方はお気軽にお問い合わせ&ご応募ください!